BLOG

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

MySpace Japan

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM

others

Daniel Kujavec

11月1日のコンサート

スペイン人ピアニスト&ピアノ教師のダニエルです。

いよいよ暑い夏がやってきました。私は、日本の夏が苦手・・です。

今年はどう乗り切ろうか・・。

さて、今日はコンサートのご案内です。

私が住んでいる府中市で、バイオリニストの民谷香子さんにお声がけ頂き、

コンサートに出演することになりました。

実は、地元で演奏するのはこれが初めて!

チラシはこちら👇




二人で演奏するのは、ベートーヴェン作曲のクロイツェルソナタ。

とても有名で、素晴らしい!曲です。

無事、夏をのりきって秋のコンサート、頑張ります!

皆さん、ぜひいらしてください〜。

 

発表会を通じて〜互いの表現を聴くこと〜

このところ、バタバタと忙しく久しぶりのブログ更新になってしまいました。

スペイン人ピアニスト&ピアノ教師のダニエルです。

今日は私の生徒達の発表会でした。

発表会は半年に1回、開催するようにしています。人前で弾く機会をなるべく多く持ってほしい、

やっぱりピアノ演奏は人前で弾く事に歓びがあると思うからです。

今日の発表会では、初めて人前で弾く生徒にも、もう何回も人前で弾いている生徒にも各々のレベルで上達がありました。

ですが、発表会の醍醐味・・

それは、互いの演奏を聴けること!

普段のレッスンでは、常に先生と生徒の二人でのやりとりのため、他の人の頑張りに接する事ができません。

でも発表会で他の人の演奏を聴くと、それだけで刺激になりますね。

他人の演奏の良い所に気づいたり、普段のレッスンで言われている事が他の人の演奏を聴いて納得出来たり。。

発表会は指導する側にとっては緊張するイベントです。。

生徒の演奏を聴いて、自分の日々の指導を反省することのほうが多いですからね。。

でも、これからも絶対続けていこうと思います!













 

2/23 公開レッスン&ミニコンサートのお知らせ

スペイン人ピアニスト&教師のダニエルです。

ソチオリンピックで盛り上がっていますね。スペインは残念ながらあまり強い種目がありませんが。。

今、水戸のホテルです。

というのも、明日2月23日に水戸の近くの勝田という場所で、公開レッスンとミニコンサートを行うためです。

主催の金澤さんが作って下さったポスターです。



公開レッスンでは生徒さんや先生方との出会いがとても楽しみです!

ミニコンサートではアルベニスの「スペインの歌」や、ファリャの「アンダルシア幻想曲」などを演奏しますよ。

今回、主催の金澤さんには本当にお世話になっています。温かく迎えて下さり、感謝です。

頑張って良い仕事をしますよ!

スペイン王室のスキャンダル

スペイン人ピアニスト&ピアノ教師のダニエルです。

今日、朝のフジテレビの「とくダネ!」でスペイン王室のスキャンダルについて

取り上げられていたそうですね。

国王の娘婿が資金洗浄に関与しており、妻である国王の娘も関与している疑いがあるという事で

出頭を命じられた!という事件。日本でも報じられるような、スペイン王室の一大スキャンダルです。

もう数年この事件の捜査は続いていますが、捜査の対象が王室ということで

真実を明らかにしにくいのが最大の問題です。

この事に関するスペイン国民の関心はもちろん、非常に高いです。

と同時に、国民の王室へ対する畏敬の念は完全に失われてしまったと僕は感じています。

カルロス国王はスペインの民主化を推進したり、テロからも国を守るなど

素晴らしい活動をしてきたと思いますが、今回の一件は本当にがっかり。。

王室の存続問題にもなりかねないですね。。

一刻も早く公正な捜査が行われ、国民の前に真実が明らかになる事を

遠い日本より願っています。






 

東方三賢人の日

スペイン人ピアニスト&ピアノ教師のダニエルです。明けましておめでとうございます!

2014年は東京で家族と新年を迎えました。近くの山で「ご来光」を初めて見たり、おせち料理を楽しんだり。。

日本のお正月を満喫した所で、、、明日1月6日はスペインでは「東方三賢人の日」です!!

キリストの生誕を祝うために三賢人(3人の王様)が星に導かれベツレヘムを訪れ、キリストに贈り物を捧げた日なんですね。

その日にちなんで、スペインでは3人の王様達が眠っている子供達にプレゼントを持ってきてくれるという

「子供の日」でもあります!

僕は小さい頃、1月5日の夜、寝る前にベットの横に3人分のワインを置いておきました。

朝になるとそのワインが空になっており、ベットの横にプレゼントが置いてあったのです!嬉しかったな〜。

1月5日の夜は街でイベントが行われ、子供達も参加します。王様の仮装をしたパレードが出るなど、にぎやかですよ。

このようにスペインでは12月24日のクリスマスイブから1月6日まで、キリスト生誕がお祝いされます。

写真はその時に家に飾る「ベレン」という置物。キリストが生まれた時の様子を表すものです。僕の家にも明日まで

飾ってありますよ。3人の王様がどれか、わかるかな?

ベレン


 

ボリス・ベレゾフスキー ピアノリサイタルに行ってきました

こんにちは。スペイン人ピアニスト&ピアノ教師のダニエルです。

秋が短く、あっという間に冬が始まりましたがまだまだ「芸術の秋」ということで。。。

先日、ボリス・ベレゾフスキーのピアノリサイタルへ。オペラシティ大ホールです。(ちなみに僕も演奏したことありますよ)

僕が初めて彼を聞いたのは、何年前だったかモスクワ音楽院に留学していた時。

その時は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲!!というコンサート。一晩でですよ、、、

その演奏があまりにも強烈で忘れられず、もう一度ぜひ聞きたいなぁと思っていました。

おとといの日本ツアーのプログラムはこちら👇



前半はラフマニノフ、後半はドビュッシー&ラヴェルという超重量級のプログラム。

コンサートですが、、、、、

あまりにも素晴らしすぎて言葉がありません。

どんなコメントも嘘っぽくなる気がしますが、あえて言うならば

「演奏技術、ピアノをコントロールする力が雲の上のレヴェルにあり、音楽を表現する事だけに捧げられている演奏」。

音楽だけが聴き手に届いてくる、ロシアピアニズムの真の体現ですね。

偉大なピアニスト達が築き上げた伝統が彼にしっかりと受け継がれています。

ベレゾフスキーの繰り出すピアノの音色は本当に多彩。

ピアニッシモからフォルテシモまで、美しい音ながらも何百種類もの色を持っているように感じられました。

ラフマニノフでは、例えば音楽がフォルテシモになるところではオーケストラのトゥッティのように聴こえました!

ラヴェルの「絞首台」と「スカルボ」では、ピアノからまさにその光景が浮かび上がっていたのです。

忘れられないコンサートになりました。

ちなみにアンコールは5曲通し。。最後の曲はショパンのエチュードop10-1!

あれだけ弾いても、まだまだいける・・という感じが面白かった(笑)さすが、ロシア人です。

まだ聴いていない方、もう知っている方もぜひ聴いてみて下さい!!

 

「好き」であるということ〜大人の方とのピアノレッスン〜

こんにちは、スペイン人ピアニスト&ピアノ教師のダニエルです。

今日は大人の方とのピアノレッスンについて。

水曜日の午前中は大人の方がレッスンに通ってきて下さっています。

子育て中のお母様、仕事を持つ社会人の方。。

日々の生活がきっとお忙しいのでピアノと向き合う時間は少ないはず、、、ですが!

だからこそ「この曲を弾きたい!」とか、「上手になりたい!」という気持ちがとても強いです。

レッスンでもとても集中してこちらの言う事を聞いて下さり、次のレッスンではとても良くなっているのです。

「好き」という気持ちが、色々な課題を克服出来てしまうのですね。

いつまでもそういう思いを持ち、何かを続けることの大切さ。。

僕は学ばされる事が多いです。

彼らの作品に対する興味をより引き出すために、

レッスンでの僕はナビゲーターであると思ってます。

大人の方との1時間のレッスンは一緒に音楽の楽しみを探求する時間。

あっという間に過ぎていきます。

レッスンで楽しい時間を過ごしてもらい、日々の生活の活力にしてほしいと僕はいつも心から思っています。
 

スペインのラホイ首相 来日 

 
こんにちは。スペイン人ピアニスト&ピアノ教師のダニエルです。

最近、スペインのラホイ首相が来日していました。

僕が注目したのは、彼が福島を訪れたこと。

あの大震災以来、欧米の首相が福島を訪れたのはラホイ首相が初めてだそうです。

僕の国スペインでは、福島の原発の事についてたくさんの情報が伝えられています。

その多くは悲しいことに、とてもネガティブなニュースです。

そんな状況の中で今回ラホイ首相が福島を訪れ、「スペインは日本のそばにいる」と

表明したとのこと。僕はとても嬉しく思いました!

スペインは今、深刻な経済危機で特に若者の失業率が高い・・

それに対するラホイ首相の対応に疑問や不満はありますが

今回の来日はとても意味のあるものだったと思います。

僕も、演奏を通じてスペインと日本の交流に役に立ちたい、といつも思ってます!





日本の「お・も・て・な・し」

 
スペイン人ピアニスト&ピアノ教師のダニエルです。

東京オリンピックのスピーチで「おもてなし」が話題になっています。

僕も来日して5年が過ぎて、少々の「おもてなし」やサービスには驚きませんが(笑)

僕の感じる事を書いてみようと思います。

「おもてなし」にあたるかどうかは分かりませんが、僕が来日してビックリしたのは

24時間営業のコンビニエンスストア。

僕の故郷のスペインでは、たいていのお店は夜8時ぐらいに閉まってしまいます。

もし夜、何かちょっとしたものを買いたいと思っても次の日の朝まで我慢です。

もしこれが金曜日の夜だったら事態はもっと深刻。(土曜日と日曜日、お店はお休みです)

日本のコンビニは24時間空いているので、夜でも買いに行けますね。

これは本当に助かります!

それからコンビニにはATMがあって銀行に行かなくてもお金が引き出せる、

宅急便も出せる、Amazonの支払いも出来る・・など

人々が生活しやすいように色んなことが出来るようになってます。

「おもてなし」というより便利なサービスと言えるのかもしれませんが、人々が快適に

生活を送ることが出来るように、という発想が原点にあると僕は思います。

お店の立場よりも、お客さまの立場を優先する考え方は日本ならでは・・ですね。

それでは今からそのコンビニで、ちょっとしたお菓子を買ってこよう〜。












スペインピアノ音楽 公開レッスン終了!


スペイン人ピアニスト&ピアノ教師のダニエルです。

7月より月1回、音楽教室「エンゼルミュージック」さんで

 スペインピアノ音楽の公開レッスンを行わせていただいてます。

サイトはこちら👇


昨日は3回目!

レッスンした曲はインファンテ作曲の「アンダルシア舞曲」。2台ピアノのための曲です。

いやぁ、ヴィルトゥオーゾな曲ですね。。生徒さん達、とても良く演奏されてました。

スペイン音楽は、鋭いリズムを表現する事が音楽にメリハリを与えるのです。

料理で言うとコショウのようなスパイスですね。

ちょっとした事なんだけどあるのとないのと全然違う!

僕の演奏からそれを感じてもらえたらいいなぁと思って、レッスンではなるべく弾いて

感じてもらうようにしてます。

ピアノを学んでいる皆さん、スペインのピアノ音楽をレパートリーにしてみませんか?










<< | 2/11PAGES | >>