BLOG

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

MySpace Japan

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM

others

Daniel Kujavec

クラリネットとピアノコンサート

11月22日は高輪区民ホールでクラリネット奏者のOskar Espina Ruizとコンサートです。スペインArriagaとかIsasiの曲を演奏します。それに、Leonard Hortonノソナチネも演奏します(Worl Premiere). チケットが無料です。

 

よろしくお願いします。」

 


 


八丈島へ

みんなさん、こんにちは!

先週は八丈島に行きました。羽田空港から45分ぐらいかかりますので、すごく便利です。それに、羽田空港は素晴らしくて、綺麗なのは。ネットで探せば、世界のランキングの中に、羽田が4番目のいい空港です。スペインに行く時も、

http://www.airlinequality.com/review-pages/top-10-airports/

八丈島に着いて、空港が小さくて可愛いです。



二日止まりましたので、青ヶ島へ行けなかったです。。。青ヶ島を本当に見たいですから、今度必ず行くつもりです。八丈島からヘリコプターで20分かかります。外国で青ヶ島は人気が多いです!

http://www.vill.aogashima.tokyo.jp/

八丈島は大きくないし、自然が多いし、それに空気が綺麗な島です。天気が悪かったのに、露天風呂に入りました。とても気持ちよかった。手

と高い場所に登って、美しかった。



ホテルからも海見えましたニコ



東京から遠くないので、オススメです。

よろしくお願いします。






 

テレビ

今日は

今月の9日には、六本木のテレビ朝日で録画を撮りました。次の18日は、19.00からです。一日中スタジオにいました。それに、8人のピアニストが小さい演奏をしたり、いろいろな質問を超えたりしました。ほんとに楽しかったです。時間があれば、テレビを見てください!

http://www.tv-asahi.co.jp/the-mozart/


 

発表会がよくできました。

10月4日は、ピアノ発表会があった。みんなすごく頑張って,素晴らしく弾きました。おめでとうございます!手



嬉しい嬉しい嬉しい

ピアノ発表会です!

今日は!嬉しい

次の10月4日は、ダニエル・クーヤヴェツのピアノ教室の発表会です。!みんなすごく頑張っているし、レベルが上がったし、それに素晴らしい演奏するつもりです。グッド

場所: ひばりほーるhttps://www.city.fuchu.tokyo.jp/shisetu/komyunite/senta/shisetu/chuo.html

15.00から


みんな楽しみましょう!楽しい楽しい楽しい


 

ピアノ発表会です!

こんにちは!

次の10月の4日は、ダニエル・クーヤヴェツのピアノ発表会です手 生徒さんはみんなすごく頑張っている!いろいろな面白い曲を演奏しますハート

10月4日、15、00時から。府中市。ひばりほーる。

よろしくおねがいします!!


日本の子ども達との交流

こんにちは。スペイン人ピアニストダニエル・クーヤヴェツです。
久しぶりのブログ、これからはちょくちょく書いていきます。

日本でピアノのレッスンをするようになって、数年。
初めて日本に来た時は、「怖がられているのかな❔」と
思うことが多かったですが、外国人が最近日本にも増えてきました。
また、国際結婚のおうちもけっこういたりするので、前より
人々の間に抵抗がなくなってきたように感じます。

僕は子どもたちにピアノのレッスンをしていますが、とても
やりがいを感じます。音楽を通じて、国境を越える気がするから。

僕が子どもたちにピアノを教えているのですが、子どもたちから
日本の社会や文化を教えられていると思うのです。
ちょっとした子どもたちとの会話からも、「あ〜そうだったのか」と
思うことがたくさん。

音楽を通じて文化の交流もできる、やはり音楽は最高!です。


日本で一番好きな場所、石垣島。夕日が素晴らしすぎました。

ベートベンのバイオリンソナタ9番

2014年11月1日のバイオリンとのデュオコンサートの様子を
Youtubeにアプロードしました。

よろしければ、見てください。


アルベニスのピアノ音楽のダイナミクスについて

ピアノは面白い楽器です。いろいろなディナーミク(強弱)ができるので、18世紀から作曲家たちは、楽譜でいろいろなディナーミクを書こうとしてきました。例えばモーツァルトのピアノ音楽は、p,fがあまりないですが、19、20世紀ごろの作曲家の曲にはff, pp がよくあるし、時々fffやpppも書いてあります。
そんな中、アルベニスのピアノ音楽はちょっと特別です。アルベニスは19世紀のピアニストで、たくさん小さいサロンのピアノ曲を作曲しました。一番の大作は、Iberiaという曲ですが、その楽譜の中にはppp, pppp, ppppp, fff, ffff, fffffもあります!
それだけ、コントラストをつけてほしいという作曲家の思いがこもっています。

El corpus en Sevillaから

 





El Albaicín から   





 

今日発表愛はよくでいました

今日はピアノ教室の発表会でした。みんなとても頑張りましたし、よく演奏しました。生徒さんが色々な曲をえんそうして、とても楽しかったです。それで、私も少しえんそうしました。



 

| 1/11PAGES | >>